SEO対策は不要!と言われる時代のSEO対策!

アクセス・成約に繋がる集客タイプのSEO対策だけを簡単に解説!

10年後も有効なSEO対策だけを選択しよう!

現在、日本国内で検索サイトを利用するユーザーの80%以上はGoogleとYahoo!を利用しています。また、Yahoo!では、Google検索エンジンを利用しているため、日本国内においてはGoogle検索エンジンに向けたSEO対策を行うことになります。

そのGoogle検索エンジンは、閲覧者が検索フィールドに入力する検索ワードに対応できる、より良いホームページを紹介するために進化を続けています。

そのGoogle検索エンジンの進化に伴って、必要なSEO対策も変化を続けているわけです。

SEOはGoogleに対してだけ行えば良いんだね。

GoogleへのSEO対策を行えば、GoogleとYahoo!の2大検索サイトの対応ができ、SEO対策の手法として同様のSEO対策が通用するBingやgooなどのマイナー検索サイトの検索順位もアップしていきます。

検索ランキングの要因は200以上もある

検索ランキングを決定する要因は200以上あると言われていますが、その要因には、検索順位アップにプラスに働く要因から、検索順位アップの弊害になるマイナス要因まで様々な要因が存在しています。また、その影響力も様々です。

200以上ある検索ランキング要因を全て改善する必要はありません。

200以上の検索ランキング要因を全て対策するには無理があります。また、すべての要因を把握するにも労力が必要ですし、対策するにも大変な時間が必要です。

そのため、検索ランキング要因の中でもSEO効果が高く、長期に渡って有効な要因だけをピックアップしてSEO対策することが長期のサイト運営には有効です。

過去には、リンクを多く集めるだけで検索順位をアップさせることができた時代がありました。ですが、多くのサイトがリンクを購入するなどして検索順位アップを図った結果、不自然なリンクが増えたことで、多くのホームページがペナルティーを受けることがありました。(ご安心ください。今でも自然なリンクには大きなSEO効果があります。)

過去には有効だったSEO対策が、現在ではペナルティーを誘発するSEO対策もあるのです。

このセミナーでは、ホワイトSEO(正しいSEO)であることはもちろん、10年後も変わらずSEO効果が期待でき、且つ、SEO効果の高いSEO対策をピックアップして解説します。ぜひ、長期的展望のサイト運営にお役立てください。必ずココでの情報が生きてきます。

無駄やロスのない、10年後も有効なSEO対策を解説します。

必要なSEO対策は変化している

Google・Yahoo!の検索順位を決定しているGoogle検索エンジンは、検索結果ページで検索ユーザーが満足するホームページを紹介することを目的に、毎月のようにバージョンアップやアップデートを繰り返しています。

2000年代は、Google検索エンジンも発展途上で正確なページ評価ができず、「SEOワードを列記するだけ」や「リンクを多く集めるだけ」などの簡単なSEO対策だけで上位表示ができる時代がありました。その後2010年代は、ページの評価がSEO対策の基本になり、前述のような安易なSEO対策がペナルティーを誘発するブラックSEO(悪いSEO)になりました。

これは「良い記事を掲載すること」や「閲覧者に見やすいデザインにすること」など、ホームページの価値を高めることを怠り、未成熟だったGoogle検索エンジンをダマすような行為で、安易なSEO対策を選んでしまったホームページを粛清するようなペナルティーでした。

近年のGoogle検索エンジンは、「SEOワードの記述回数」や「被リンクの数」だけで評価するような安直なホームページ評価ではなく、人間がホームページを評価するのと同じレベルでホームページを評価しています。それだけGoogle検索エンジンの進歩は著しく、未熟な検索エンジンから成熟した検索エンジンに進化したのです。

もう、Google検索エンジンを騙すことはできません。

2010年以降、サイト管理者はペナルティーを恐れ「質の高いホームページを運営する」正しいSEO対策に向かうようになり、現在でも、SEO対策はホームページの質を高める『コンテンツSEO』が基本になっています。

さらに検索エンジンのAI化も進み、個別に最適なホームページが紹介できるようになり、同じ検索ワードで検索をしても端末(パソコンやスマホ)ごとに違う検索結果が表示されるようになりました。(パーソナライズ化)

検索エンジンの高性能化に伴い、必要なSEO対策が確立してきました。

現在、Googleでは検索ランキングを決定する要件が200以上あると公表しています。その200以上ある検索ランキング要件には、影響の大きなものから影響が小さいものまで様々あります。

ここからは、SEO対策の基本でもある『コンテンツSEO』を手始めに、検索順位を格段にアップさせる『リンクSEO』、年々重要度が高まっている『トラフィックSEO』の3大SEO対策を解説します。

この3タイプのSEO対策は、検索ランキング要因トップ10の大半を占めるSEO対策です。これら3大SEOを充実させることができれば、ライバルサイトを抜き去り、検索結果ページの1ページ目に表示させることができます。

SEO対策には「技術」は必要なくとも「根気」は必要です。

『コンテンツSEO』は避けられない絶対必要条件

2010年代、SEO業界では「contents is king」が提唱されました。

これは、"良質のコンテンツを掲載する事が最高のSEO対策である"とするものです。

特にSEOを意識するのではなく、質の高いコンテンツを掲載すれば閲覧者から評価を得ることができ、上位表示に必要なリンクも自然に集まり、検索順位はアップすると考えられたことによります。

この考え方がSEO対策の王道です。

SEO対策の中で『コンテンツSEO』は絶対必要条件です。『コンテンツSEO』を実施せず、リンクSEOなどの他のSEO対策を過度に進めてしまうとペナルティーを誘発することになります。

検索順位アップを狙うなら『コンテンツSEO』は欠かせないのです。

コンテンツがホームページの商品であり資産である

コンテンツは閲覧者をホームページに呼び込む商品です。実店舗の経営では、お客様が求める商品を販売しなければお客様の来店も売上にもなりません。それと同様に、ホームページでも閲覧者の求めるコンテンツが掲載されていなければアクセス数も成約数も伸びることはありません。

『コンテンツSEO』は、ホームページの質を高める最重要SEO対策であり、そのホームページに掲載されるコンテンツは閲覧者を呼び込み続ける資産にもなります。この『コンテンツSEO』の考え方は今後も変わることのない最良のSEO対策と言えます。

そのコンテンツで閲覧者を引きつけることが大切なのです。

これだけはやっておきたい4つの『コンテンツSEO』

  • 1ページ・1ワードのSEO対策と
  • ページタイトルで惹きつける
  • ファーストビューで掴む
  • オリジナリティをアピールする

︎SEO対策は1ページ・1ワードとする

SEO対策は1ページにつき1ワードとしてください。

1つのページで複数のSEOワードの上位表示を狙うことが難しい時代になりました。

過去にはトップページの1ページで複数のSEOワードで上位表示を狙うことができましたが、2010年以降Google検索エンジンのコンテンツ評価の精度が上がったことでページ単位のSEO評価が高まり、トップページでなくとも上位表示が可能になりました。

むしろ、下層ページの方が多く上位表示を達成しています。

そのため、広く浅い情報が掲載される傾向にあるトップページであれば単ワードなどのビッグワードでのSEO対策、狭く深い情報が掲載される傾向にある下層ページではミドルワードやニッチワードでのSEO対策が推奨されます。

》トップページなら 〉「SEO」などの単ワード・ビックワードでのSEO対策 》第2階層なら 〉「SEO ツール」などの複合ワードでのSEO対策 》第3回層以降なら 〉「検索順位を調べる」のように具体的なSEOワードでのSEO対策

各ページごとに上位表示を狙うページに最適なSEOワードを設定して、1ページ1ワードのSEO対策を行うようにしましょう。

決して、欲張らないSEO対策をしましょう。

︎ページタイトルにはメリットを書く

ページタイトルのSEOは『コンテンツSEO』の中でも最も重視される要素です。200以上ある検索ランキング要因の中で5本の指に入るほど重要なポイントになります。だからこそ注意点も多いSEO対策でもあります。

また、ページタイトルは検索結果ページでページ紹介のタイトルとして太字で表示され、GoogleやYahoo!などの検索サイトを利用するユーザーのクリック率にも影響する重要ポイントになります。

ページタイトルを誤ると、検索順位への影響だけでなく、検索結果ページでのクリック率にも影響することになります。

ページタイトルは検索結果ページで表示されるキャッチコピーの役目もあります。
ページタイトル設定の
  • ページ内容を簡潔に表す文章にする。
  • 閲覧するメリットを伝える。
  • 可能な範囲で前方にSEOワードを含める。
  • 可能な限り短い文章にする(最大32文字以内)

非常に制限の多いページタイトルの設定ですが、可能な範囲で上記ポイントを抑えながらページタイトルを決定することが求められます。

︎ファーストビューでは最も伝えたいことを掲載する

人もホームページも第一印象が大切です。

ページを表示した時にスクロールなしで閲覧することができる部分「ファーストビューエリア」と言いますが、そのエリアが閲覧者へのホームページの第一印象を与えます。

検索サイトから訪問する閲覧者も、他サイトからリンク経由で訪れる閲覧者も、必ず目にするファースビューの印象でそのページに滞在するか、それとも前のページに戻るかを判断します。

あなたもそうではないですか?

求めるコンテンツが「ファーストビューエリア」に掲載されていなければ、そのページに留まることを止め、別のホームページを探すのではないでしょうか?

ホームページの「3秒ルール」を知っていますか?

これも「ファーストビューエリア」に関連するルールですが、閲覧者はホームページに訪れて3秒以内にそのホームページに滞在するか否かを判断するというルールです。

「ファーストビューエリア」では、問題が解決できるホームページであることを3秒以内に伝える必要があるのです。ここで閲覧者を足止めできるかが、検索順位アップにもアクセスアップにも影響するのです。

3秒にはページを読み込む時間も含まれるのでご注意を。 Googleもファーストビューエリアを重視しています。

人と同じレベルでページを評価できるようになったGoogleも「ファーストビューエリア」を重視しています。

Googleも人間と同じように「ファーストビューエリア」を中心にページの評価を行います。「ファーストビューエリア」に掲載されるコンテンツを中心に評価を行い、「ファーストビューエリア」以降でそのテーマのことについてどれだけ詳しく書かれているかをGoogleは評価します。

このことから、「ファーストビューエリア」で閲覧者の心を掴み、それ以降のコンテンツに閲覧者を誘導するコンテンツ作りが大切と言えるのです。

ファーストビューエリ
  • ページタイトルとファーストビューエリアの内容が一致していること
  • 重要タグ(見出しタグなど)を使用していること

閲覧者・Googleからの評価の観点からも「ファーストビューエリア」の充実は必ず行う必要があります。

︎オリジナリティでオンリーワンをアピールする

すでに、上位表示されているサイトと同じ内容のコンテンツには、閲覧者もGoogleも興味がありません。

ホームページで掲載されるコンテンツにはオリジナリティーが求められます。それは、他サイトに掲載されている情報と同じ内容のコンテンツは必要ないからです。

検索結果ページに同じ内容のページばかり表示されたら嫌じゃないですか?

とは言え、同じ内容のコンテンツが掲載されることも当然あります。それに関して問題はないのですが、他サイトに掲載されているコンテンツばかりのページでは問題があると言わざるを得ません。

少しでも良いので、そのホームページ独自のコンテンツが必要なのです。それがなければGoogleはあなたのホームページを上位表示させません。

『コンテンツSEO』は継続することが重要

SEO対策で最も重視される『コンテンツSEO』で大切なことは、SEOを意識せず閲覧者に評価されるサイト運営を心掛けることです。特別に技術が必要な対策ではありません。

「技術」は必要ありませんが「根気」が必要です。

Googleが評価するポイントとして、掲載されているコンテンツの内容が評価対象であることと同時に、ホームページ(コンテンツ)の定期的なメンテナンスも重視しています。これは、ホームページの更新頻度を評価対象にするものです。

コンテンツを掲載した後、そのまま放置していてはダメです。

ページを公開した後のメンテナンスがページのSEO評価を高めます。ページ公開をしたら、そのページのアクセスが気になると思いますが、閲覧者の反応が良ければ、より良いページになるように、閲覧者の反応が悪ければ、閲覧者の評価が高まるように試行錯誤をする必要があります。この、メンテナンス作業をGoogleは確認しており、更新頻度の高いページもGoogleは評価します。

コンテンツの内容によっては、定番情報であるために更新の必要がない場合もあると思います。その場合はメンテナンスをしない方が良いこともあります。


例えば、「富士山」をテーマにホームページを解説した場合、標高や面積などの基本情報を掲載しているページや観光のページなど富士山に関するページが想定できます。
この場合、富士山の基本情報が掲載されるページでは、富士山の高さや面積が変わることは考えられませんので、メンテナンスの頻度も低くなるのが通常です。対して、観光に関する情報が掲載されるページでは、その年に人気の観光地や季節ごとの観光地が変わることが求められるページになるのでメンテナンスの必要性が高くなることが想像できます。
Googleでは、ページのテーマによって最新情報が必要なページなのか、そうではないのかを判断してメンテナンスを評価します。
メンテナンスが求められるページでは更新頻度を高める必要があります。
Googleは、あなたのホームページが"開設した日"も"リニューアルした日"も知っていますよ。

コンテンツを増やし続けること

ページやコンテンツは増やし続けましょう。これがSEO対策の中で最も大変なことかもしれませんが、確実に財産になる作業です。

毎日とは言いません。毎週とも言いません。月に1回、数ヶ月に1回でもページを追加しましょう。

それがGoogleにホームページが生きていることを伝える手段になります。

しかし、サイトテーマに関係ないページなら追加しない方が良いです。

単純に、ページ数の多いホームページは上位表示にもアクセスアップにも成約数アップにも有利です。それだけ閲覧者が訪れるチャンスが増えます。ですが、サイトテーマと関連性の低いページ出であればSEOの観点からは逆効果です。

例えば、OLさんのホームページで「ペットのページ・お仕事のページ・グルメのページなど、日々の生活が書かれているホームページ」と、ペットショップの「ペットの種類・ペットの育て方・ペットが病気になった時など、ペットについてだけ書かれているホームページ」がある場合、Googleは「ペットについてだけ書かれているペットショップのホームページ」を「ペット」の検索ワードで検索した場合に上位表示させます。

Googleは専門性の高いホームページを上位表示させる傾向にあります。そのために、サイトテーマを限定して情報を掲載する必要があるのです。

このように、閲覧者の満足度を高めるために根気よく続けることが『コンテンツSEO』の作業です。これが、検索サイトで上位表示を掴み取る唯一の手段だから避けることはできません。この継続性が必要になる作業がホームページの財産になり、後々大きな力になって帰ってくることは間違いありません。

『リンクSEO』を恐れず味方にせよ

鋭意執筆中、近日公開予定です。

『トラフィックSEO』で実績を証明する

鋭意執筆中、近日公開予定です。

まとめ

鋭意執筆中、近日公開予定です。