『リンクSEO』で最大のSEO効果を得る 第1回

ライバルサイト以上の良質なコンテンツを用意できますか?

2010年代以降「contents is king」が唱えられてから、内部改善の求心力は劇的に高まり、リンクはそっちのけで良質なコンテンツの量産が始まりました。

これにより、どの検索ワードでホームページを検索しても良質なコンテンツが上位を占めるようになり、被リンクも上位表示を達成するホームページが独占する状態で、下位順位のホームページにはリンクが集まりにくく、上位表示を狙うには長い時間を要することになりました。

ですが、ライバルサイト以上に質の高いコンテンツを用意することができればリンクを増やすことができ、話題性の高いコンテンツであればSNSでの拡散も期待でき、リンクだけでなくアクセスの増加も加速させることができるでしょう。

SEO効果が期待できるのはナチュラルリンクだけ

リンクと言っても、どんなリンクでもSEO効果があるわけではありません。

SEO効果が期待できるのは、そのページの掲載内容が評価されたことで自然に集まるナチュラルリンクだけです。

閲覧者を満足させるコンテンツを掲載することでリンクは自然に集まるものですが、相当質の高いコンテンツが必要になりますし、上位表示できるほどのリンクが集まるまでには長い期間が必要になります。

だからと言って、手っ取り早くSEO業者からリンクを購入することは、ペナルティーを誘発するご法度のSEO対策になります。

ただし、リンクを買うことはペナルティーに繋がりますが、募集することに問題はなく、積極的にリンクを募集しなければ質の高いリンクを集めることは難しいと言わざるを得ません。

これが効果抜群!安全なナチュラルリンクSEOのポイント

⇒リンクは買わなではなく募集する ⇒本文中からのリンクを確保する ⇒

ナチュラルリンクに徹底しなければならない

自分ではできないSEO対策だから評価される

自分でできるリンク対策だってある

内部リンクのこと